読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanaの日記

岡田将生さんと山田孝之さんを愛あるツッコミを入れつつ応援していますが、ココでは今はお休み中(。-人-。) いつか突然書くこともあるかも?

プリンセストヨトミ

昨日プリトヨの完成披露試写会に行ってきました!
前日月曜日のヤングブラックジャックの試写会はハズれちゃいましたが、浪人という名のヒッキーになってる息子を引っ張り出してプリトヨ楽しんできました!
選べないのでしょうがないですが、今回もまた左端の座席
入退場のドアの近くなのでキャストは間近で見れましたが
映画はめっちゃ見づらかった^^;


映画については
ぶっちゃけ鴨川ホルモーや鹿男の方が笑えました
笑える話というよりは
もしこんなことが密かに大阪にあったらスゲーっという壮大なホラ話
むしろこんなことを黙っていられる大阪人がいるんかい?!
とも思いました^^;
今度は真正面からちゃんと観たいです


そうそう
玉木宏さんのファンは知ってらっしゃるのかいないのか‥
カメオ出演されてます
カメオというより
何度か出てきます
どんな役かは映画館でお楽しみに(笑)


舞台挨拶はメチャクチャ面白かったです
笑いすぎて涙目になりましたw
登壇者は、堤さん、はるかちゃん、中井さん、監督、そして日々人仕様の髪型の岡Dくん
前日のヤングブラックジャックの会見の前髪はビミョーでしたが、プリトヨはスッキリ前髪
前に坊主にしたあとに伸び始めた頃の髪型に似たベリーショートが爽やかでした


司会は笠井アナ
岡Dくんに話す機会をたくさん与えてくれてありがたかったです
ワイドショーで紹介されたのは「とんちんかん」なはるかちゃんの話がほとんどで、後は舞台挨拶前の会見での堤さんと岡Dくんのやりとりが流れたのみでした
舞台挨拶は中井さん命名の「とんちんかん」なはるかちゃんに大いに笑わされましたが、岡Dくんもけっこう喋ってました


もや〜と雰囲気でしか記憶がないので、妄想やデタラメ入ってましたらお許しください


最初の挨拶のあと、笠井アナからそれぞれに質問
【笠】岡Dくんは今回はクールな役でしたが、演じてみてどうでしたか?
【岡】(しどろもどろで)ここにいらっしゃる先輩方と共演させていただいて大変勉強になりました
【笠】そうですか‥で、クールな役については?
【岡】クール?‥
クールと言えばオレだなと‥思いました(テキトーw)
すいません
今日は親が来てるんですよ
だからもっとちゃんと話そうと思っていたのに‥
(客席に向かって頭下げながら)お父さんお母さんすいません
【笠】ご両親がいらしてるんですか
それはそれは(笠井アナも客席にお辞儀)
【笠】撮影の思い出は?
【岡】堤さんと中井さんにいじられてました
【堤】岡Dくんは苦手なものがあるんだよね
【岡】堤さんに虫(寿命でお亡くなりになったセミ?)を腕につけられたりしました
【中】岡Dくんはホントに虫がダメみたいで、夜から朝までの府庁での撮影は周りを封鎖していたからいいものの、もしそうじゃなかったら殺人事件がおこったんじゃないかと思われるくらいに叫んでました
【岡】だって二人がいぢめるんですよ
ホントにしつこいんですよ
先輩だということを忘れるくらいw
【中】お父さんお母さん!どこにいらっしゃるかわかりませんが‥これほどの虫嫌いに、どうやって育てたんですか?
【会場爆笑】
【岡】(客席に向かって)お父さんお母さんごめんなさい
【会場爆笑】
【笠】印象に残ったシーンは?
【岡】最後の方に堤さんと中井さんが対峙するシーンが印象に残ってます
【笠】プリトヨに関わりのある時代の武将、豊臣秀吉織田信長徳川家康の中で、自分に近い(?)のはどの武将でなぜそうかというのを聞かせて下さい
【岡】織田信長ですかね‥力でねじ伏せていく、(したり顔で)まさに僕のことだなという‥
【は】足りないところを補いたい的な?
【堤】トンチンカン
【笠】いや!今の綾瀬さんは的を得てましたよね?
【岡】今日はホントにいいとこ見せたいのに‥
お父さんお母さんごめんなさい
【会場爆笑】
たしかに私もはるかちゃんに同意です
信長は岡Dくんの補いたい的な願望ですね(爆)
めざましの軽部さんも納得してました^^;
それにしてもトンチンカンなはるかちゃん可愛い
あんまり芸能人が可愛いとか言わない息子が可愛いと申してました(笑)
ヘタレな印象の岡Dくんもやっぱり可愛いかったw


岡Dくんの覚えている部分のみを書きましたが、4人とも面白すぎでした
岡Dくんは3、4回ご両親に謝ってました(笑)
最後に笠井アナが客席に向かって、岡Dくんのお父さんお母さん、と話しかけてまた会場の笑いを誘ってました
何て言ったか思い出せないけど、すいません的なことだったかと思います
笑いの点では舞台挨拶の方に軍配でしたが^^;
そんな面白い4人の映画は、大切なものを護るために一致団結する大阪国の人々と、今の日本が重なる部分もあるし、こんな時だからこそ西から元気をもらう、そんな気持ちで見て欲しいと堤さんたちも話してました
てことで、ぜひ見てください
ちょっと先ですが
5月28日からの公開です