読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanaの日記

岡田将生さんと山田孝之さんを愛あるツッコミを入れつつ応援していますが、ココでは今はお休み中(。-人-。) いつか突然書くこともあるかも?

ジャパンプレミア

太平洋の奇跡の舞台挨拶に行ってきました!
舞台上のセットのジャングル?が割れてスモークと共に登場した山Dさんは、ハッとするくらいかっこよかったですー!!
個性的なデザインのジャケットに黒のパンツを黒のブーツにブーツイン
髭が復活してましたが、毛玉ぢゃなくて綺麗に整えていてクールなかっこよさにクラックラでしたw
今日の山Dくんは、ゆらゆら封印
作品によって演じ分けとりますw
正確な言葉をレポできないので、詳しくは東宝WEBSITEかダストのレポをご参照ください
て、それじゃあんまりなんでザックリとだけレポします
全然違うぞとか責めないで(^人^;)


「木谷曹長をやらせてもらった山Dで〜す(会場笑)
まだ家のちっちゃいテレビでしか見てないんです(DVD?)
ジトーッとした嫌な感じの?映画でした(会場笑)
戦争なんでしょうがないんですが。。。
面白いから見に来てと言えないし(??)
でも、今ここにいらっしゃる方はこれから必ず見る運命?なので、見たら戦争の悲惨さ(愚かさ?)を伝えてください
ぜひ見ていただきたいです」


かなり脚色しちゃってますが、合ってるところもあると思うので許して(^人^)
山Dくんは結構長くしゃべってくれたので、もっとレポすべきところがあるはずなんですが、言葉として思い出せません(汗)
すんまそん
竹野内さんが演じる大尉の息子さんと47人の残った兵士のひとりの87歳の方も登壇されて、劇中に兵士たちが行進するシーンで、この中にあのおじいちゃんがいたのかと思ったら泣いてしまいました
木谷は、ネタバレになるので書けませんが。。気がかりです^^;


追記
昨夜は眠いのもあって(^^;)山Dくんが話したことをうまく書けなくて気になっていたのですが
この映画は実話の戦争を描いたもので面白いとか映像が凄いとか言えないし、言ってはいけない
でも、戦争とはどういうことかということを知ってもらうために是非見て欲しい
そういう山Dくんの思いが挨拶から伝わったきました
娯楽作品ではなく、真剣に戦争というものを見て欲しい
そんな思いが山Dくんにあるんだなと感じました
うまく言えなくてごめんなさい
詳細レポがあがったらそこのところを感じられるんじゃないかなと思います
なーんて、全然ちがったらごめんなさい(汗)
あくまでも私が受けた印象です
私も映画を見て戦争って本当に嫌だと思ったので、山Dくんのコメントはその通りだなと思いました


キャストと会場のお客さん全員で、金色の紙で1200羽鶴を折ったのですが、みんな四苦八苦しながらなんとか折りました
鶴なんてちょちょいのちょいっと思っていた私でしたが、山Dくんたちが折るのを見ながら折っていたらうまく折れなかったです^^;
舞台挨拶前に折っておいてと言ってくれたらもっとじっくりキャストが折ってる様子が見れたのにー
山Dくんはお客さんに背中を向けてスクリーンに映し出された折り方を見ながら真剣に折ってましたw
折りながら山Dくんが
「みんなが鶴を折ってる今が平和ですね」
その言葉にしみじみとしました
今日折った鶴は今月末に山Dさんと竹野内さんと監督がサイパンに届ける予定だそうです


↓@ぴあ映画生活に山Dさんのガオーッなかっこいい画像あります!
ORICON STYLEにも!
♡ステキングなので今日の一枚に載せてしまいました♡
@ぴあ映画生活
ORICON STYLE
MANTANWEB
cinemacafe.net
MovieWalker
シネマトゥデイ